以下のような場合は、トラブルに発展する可能性が高いため、できるだけ早くから弁護士に相談しておくことをおすすめしております。

相手が離婚に応じない場合

離婚をしたいけれど、相手が離婚に応じないというケースは少なくありません。
相手が話し合いによって離婚に応じない場合については、最終的に裁判によって離婚判決を勝ち取る必要があります。
裁判によって離婚できるかどうかについては、離婚に至るまでの経緯や事情次第で決まるため、当事務所にご相談いただければ、離婚できる可能性についてある程度の見解をお伝えすることが可能です。
また、詳しくは面談の際ご説明しますが、離婚協議を有利に進めていくにあたって、様々なテクニックがございます。先ずはご事情をお聞かせください。

離婚条件の交渉を行う場合

相手が離婚に応じている場合でも、離婚する際の条件が折り合わないと問題は解決しません。
特に、財産分与、親権、慰謝料、養育費、面会交流といった重要な要素については、離婚する前にしっかりと話し合って取り決めをすることがとても重要です。
当事務所にご依頼いただければ、ご相談者様のご希望にできる限りそえるよう、相手方と弁護士が直接交渉いたします。

離婚に伴う財産分与を行う場合

当事務所は、財産分与で依頼者が不利にならないよう、全力を尽くします。
特に、一方が会社を経営していたり、不動産を複数所有しているご夫婦の場合など、財産関係が複雑多岐にわたる案件を得意としております。
このような事案は、弁護士のサポートはもちろん、株式や不動産の査定について、別途専門家の助力も必要です。
当事務所では、各種の専門家とも連携しながら、依頼者の利益の最大化を目指して日々研究を続けております。

不倫の慰謝料請求を行う場合

当事務所は、不倫や浮気などの「不貞行為」に対する慰謝料請求についてもサポートしております。
慰謝料については、本人はもちろんの事、不倫相手にも請求することができますが、やみくもに請求しても、問題は解決しません。
当事務所にご相談いただければ、ご本人様が離婚を希望されているのか否かについても丁寧にお伺いした上で戦略を立ててご提案し、弁護士が代理人となって相手方に毅然と請求いたします。

離婚・再婚・婚前契約
法律相談の
ご予約はこちら
TOP