離婚問題については、相手が離婚に対して前向きではなかったり、条件面で折り合いがつかないことが多く、離婚協議が長引いてしまうことも珍しくありません。
そんな時に当事務所までご相談いただければ、次のようなメリットがあります。

離婚協議を前進させられる

当事者同士の話し合いによる離婚協議には、感情的な対立からやはり限界があります。
相手がすぐに応じてくれない場合については、当事務所にご相談の上、法的な手段も検討していくことで、離婚協議を前進させることができるのです。
当事務所では、ご相談者様のお悩みを詳しくお伺いした上で、弁護士が代理人となって直接相手と交渉する方法と、後方支援で継続サポートする方法のどちらが適しているのかを慎重に判断いたします。

希望している離婚条件で合意できる可能性が高まる

財産分与、慰謝料、親権、養育費、面会交流などの離婚条件については、自分だけで相手と交渉していると、相手に巧みに説得されてしまい、大きく妥協してしまうこともあります。
当事務所にご相談いただければ、単に離婚するだけでなく、離婚条件についても法的な見解を相手に示すことで、できる限りご相談者様のご要望にそうよう交渉することが可能です。

相手に本気度が伝わる

人によっては、真剣に離婚の話をしているのに、もまともに取り合ってもらえないこともあります。
そんな相手には、弁護士から内容証明郵便を送付したり、電話で直接交渉することで、本人の本気度が伝わり、相手が離婚について真剣に考えるきっかけになることもあるのです。

離婚・再婚・婚前契約
法律相談の
ご予約はこちら
TOP