自己破産の条件と自己破産後の生活

自己破産の条件とは

自己破産とは、債務者から見れば、日本という国家が作ってくれた、生活を再建するための救済制度と言えるでしょう。借金で困窮している人に対して、その借金を取り除き、生活を再出発させてくれるわけです。

自己破産が認められるには、2つの条件を満たす必要があります。

1つ目は、「もう自力では借金を返すことが無理だ」と言える状態になってることです。「ちょっと頑張れば返せちゃう」場合は、破産は難しいでしょう。
2つ目は、「この借金さえ無ければ、生活を立て直せる」状態になっていることです。つまり、月々の借金返済さえなければ、家計が黒字になるということです。

この二つを、弁護士と相談しながら少しずつ整理して、裁判所へ提出する書類を準備する作業が、破産の申立てです。

自己破産後の生活は

これまで多くの依頼者の方と自己破産の手続きを経験してきました。皆さんのその後の生活をお聞きすると、「借金で苦しんでいたときより、すごく楽になった」という人がほとんどです。どの方も、顔色がぜんぜん違ってきます。

これは当然と言えば当然のことです。なぜなら、事務所で何カ月も準備を重ねて裁判所に破産の申立てをする頃には、上記1でも説明しましたが、既に生活が黒字になっており、生活の再建ができている状態だからです。

借金さえチャラにしてもらえれば、健全な生活を送れることが破産の条件なので、無事に破産できたということは、健全な生活に戻れているということなのです。

自己破産は前向きにするもの

前章でも少し述べましたが、破産は前向きにするものです。もし、「無事に破産ができた」場合は、次のように考えるのはいかがでしょう。

「もう借金で困窮するような生活には陥らないようにしよう。そのためには、きちんと収入を確保して、その収入の範囲で無理のない生活を送ろう。」。これは、平凡ですが、とても健全な発想です。

借金で苦しんでいる方は、可能な限り早く相談して、次のステップに進みましょう。遠慮したり、恥ずかしがったり、後ろめたく思う必要はありません。ご自身の生活を再建して、平凡で健全な生活を送れる人が増えることの方が、世の中全体では良いことなのです(だから法律で破産が認められている)。

相談のご予約をお待ちしております。

債務整理
法律相談の
ご予約はこちら
TOP