遺産相続について弁護士に相談した場合、具体的にどのようなサポートを受けられるのでしょうか。

財産調査や相続人調査

遺産相続の手続きをはじめるにあたってまずやらなければならないのが、財産調査と相続人調査です。
亡くなった方の財産が全部でいくらなのかが分からなければ、遺産分割のしようがありません。また、相続人についても、亡くなった方の死亡から出生まで遡って取得した戸籍を確認して、法定相続人が誰なのかを確認する必要があります。

当事務所にご依頼いただければ、財産調査、相続人調査について手際よく対応することが可能です。

遺産分割協議のサポート

遺産相続の話し合いは、相手が親族であるだけに、言いたいことをはっきりと言えず、フラストレーションが溜まってしまう傾向にあります。

当事務所にご依頼いただければ、ご依頼者様のお気持ちをしっかりと理解した上で、当事者間の実情を出来るだけ把握・尊重し、今後の関係性まで含めて最適と思われる方法を相談しつつ、慎重に交渉をスタートさせることが可能です。
弁護士が早い段階で相続人との間に入ることで、感情のぶつかり合いを回避して、スムーズな話し合いを可能にします。

遺産分割調停や審判のサポート

遺産分割がどうしても話し合いでまとまらない場合については、裁判所を利用して調停や審判を申し立てることになります。弁護士に依頼している場合は、調停や審判に必要な書類関係についても、すべて弁護士が作成して対応することが可能です。

遺言書の執行

遺言書が見つかった場合は、遺言書の内容通りに遺産分割を進めていく「遺言執行者」が必要です。当事務所にご依頼いただければ、反対する相続人がいたとしても、弁護士が滞りなく手続きを進めていくことができます。

遺言書作成のサポート

遺産相続の事前対策として、遺言書の作成についてもサポートしています。 直筆で作成する自筆証書遺言、公証役場で作成する公正証書遺言、内容を秘密にできる秘密証書遺言、以上、3つの様式全てに対応しておりますので、ご相談者様のご要望に応じて適切な遺言書を作成することが可能です。

成年後見・相続
法律相談の
ご予約はこちら
TOP